読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jy魚家了以ゑrゑ量ゐくぇryおいうゑy理うゑyゑry

錠絵るおいうぇんを憂い絵ryhおうぃえうrうぇんるいうぇyhrイオゑrんゐ上rおくぃ上y里追うくぇy理王wくぇ類尾yくぇおいrhウェイうrに上r不意尾wくぇ理魚wくぇ

声のコンプレックス克服し…山本美月が狙う“”1番手”昇格

前クール「OUR HOUSE」で大惨敗したフジテレビの日曜9時枠。今クールの「HOPE~期待ゼロの新入社員~」は、韓国で社会現象を巻き起こした大ヒット連続ドラマ「ミセン―未生―」を下敷きにしたヒューマンドラマで、ジャニーズを投入して盛り返しを図ったが、スタート3話の平均が6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と早くも打ち切りの危機を迎えている。

「吉田羊との熱愛騒動が視聴率に影響している」とささやかれている主演の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)や、「つまんないと言われたら俳優業を引退する」と公約してしまった遠藤憲一には焦りが見られるが、ヒロインの山本美月はなぜか元気いっぱいだという。

「これまでも主役ではなく“2番手”の位置につけて知名度を上げてきた山本は、今回もヒロインという役柄ではあってもあくまで2番手。視聴率の責任を負うことはないが、注目度は高いという気楽なポジション。“視聴率トップを取れたら水着写真集を出します”と大胆公約して話題になりましたが、水着写真集の“期待値”はゼロだと読み切った上の発言。リスクなしで話題をさらい、商売上手なところを印象づけました」(芸能ライター)

 実際のところ、山本の芸能活動は絶好調としかいいようがない。“本業”のモデルは相変わらずの人気で、昨年のCM起用社数では12社と、上戸彩に次いで女性タレントで年間2位。女優としても昨年から連続ドラマ4本、映画も4本に出演し大活躍している。

「山本がこのところ元気な理由のひとつは、“地声が汚い”という最大のコンプレックスを克服したことが大きい。これまでネットでも“声が変”“だみ声ってこういう声のこと?”などと書かれ、自分でも“声が低すぎる”“歌が下手”と、声にコンプレックスがあることを訴えていました。それが去年、初めてアニメのナレーションの仕事をして“独特の声は武器”と褒められて、考え方が変わったと喜んでいましたよ」(スポーツ紙デスク)

 コンプレックスを乗り越えた“2番手”が狙うのは間違いなく“1番手=主役”だろう。

 低視聴率にあえぐ「HOPE」が視聴率トップを取ることはほぼ不可能なので、公約の水着写真集は出版されないが、近いうちに連続ドラマの主役の座を射止め、ファンの期待に応えているに違いない。

http://agiouero.tsukuba.biz
http://agiouero.i-ibaraki.jp
http://agiouero.tsuchiura.net

嫌いなジャニーズ1位は木村拓哉…SMAP騒動で生じた好感度の落差

SMAP木村拓哉(43)への世間の風当たりが厳しくなっている。『週刊女性』(主婦と生活社)のWEB版にあたる『週刊女性PRIME』が、ネット上で「嫌いなジャニーズ」に関するアンケートを実施。2016年版の嫌いなジャニーズタレントの結果を発表したところ、そこで不名誉なランキングでトップを飾ったのは、なんと木村だったのだ。

 特にテレビ番組出演時における“キザ”な振る舞いがカンに障るファンが多いようで、「いつまでもかっこつけをやめない」「そろそろプライドを捨てて普通にしてほしい」「自分をかっこよく見せようとすればするほど見ていて辛い」といったコメントが寄せられている。

 また、トップに次ぐ2位には「いない」が入ったことで、木村の嫌われっぷりが強調される結果にもなっている。この回答の中には、「多すぎてもはやわからない」といったネガティブな声も一部あったものの「自分のファンだけじゃなくてみんなが好きだから」「みんな一生懸命頑張っているから」といった肯定的な声も目立った。この結果を関係者はこう見ている。

「『いない』を差し置いて木村が1位になってしまったことに関しては、もはやファンの中では『ほとんどいないけど、あえて1人あげるなら木村』といった空気があるのかもしれません。そのためジャニーズファンの中には、『嫌われ者の代表格=キムタク』という構図ができてしまっているのでしょう」(芸能記者)

■キムタクの”マイナスイメージ”が浸透?
 “嫌われ者の称号”を与えられた背景には、はやりあの騒動が大きく影響している。前出の芸能記者が続ける。

「自分一人がジャニーズ側についた、解散独立騒動に関する木村の行為は、メンバーへの裏切りと取るファンもいます。今回のランキングで中居正広(43)も5位に入っているのですが、木村との票数差は約3倍。木村に対するマイナスイメージが加速している結果ともいえるでしょう」

 中居は騒動の後に起きた熊本地震の支援活動を自主的に行うなど、イメージアップさせている。一方でいち早くジャニーズ残留を表明し、新リーダーを意識させるような言動を見せる木村には、どうしても「裏切り者」「出しゃばっている」といったマイナスイメージが浸透してしまっているのだ。

 同じ「嫌いなジャニーズタレント」としてランクインした木村と中居であるが、その背景は大きく異なる。今回の結果は、”キムタク嫌い”加速への序章にすぎないのかもしれない。

http://agiouero.tsukuba.biz
http://agiouero.i-ibaraki.jp
http://agiouero.tsuchiura.net

山口もえ 小倉優子の夫の不倫騒動「仲良くやっていると…」も主催側が強制終了

タレントの山口もえ(39)が3日、東京・新宿高島屋で開幕した「すぐそこの、ミライ 暮らしとロボット展」のオープニングにゲスト出演した。

 「子供の頃は、都庁がロボットで何か起こった時には飛んでいくという都市伝説を信じていた」という山口。スマートフォンで操作するダンスコミュニケーションロボット「プリメイドAI」や、背負って羽根を自由に動かせる“着るロボット”「メカフ」などの最先端の技術を体験し、「着るロボットは子供の運動会で着けたいですね。私を探す時にすぐ分かるし、ヒーローになれそう」と笑顔で話した。

 2人の子供は夏休みに入ったが、夫の「爆笑問題」の田中裕二(51)とは「主人は忙しいから長期の旅行は無理なので、バーベキューと巨人戦を見に行くことは約束しました。実はこの展覧会も来ようと思って、子供が体験できるものを予約しちゃいました」とうれしそう。そして、「この前、私が結婚して初めて風邪をひいたら、すごく心配してくれて、仕事と仕事の合間に顔を見に帰って来てくれた。本当に優しいんです」とのろけた。

 夫婦円満のようだが、親交のある小倉優子(32)の夫で美容師の菊池勲氏(45)が、小倉の所属事務所の後輩と不倫していたことに話題が及ぶと、「聞かれると思った」と予測していた様子。「仲良くやっていると聞いていたのに…」と話し出したが、すぐに司会者がマイク越しに「お時間になりましたので」と強制終了。山口も、「この場で話すとねえ」と主催者に配慮していた。

http://faoepwruoa.exblog.jp/
http://gameport.jp/user/12156/blog/5019/
http://blog.eigyo.co.jp/faoepwruoaer/

爆笑・太田「27時間テレビで大暴走」裏事情を、さんまが明かす

7月30日に放送された『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、お笑いタレントの明石家さんま(61)が出演。『FNS27時間テレビ フェスティバル!』で、爆笑問題太田光(51)がケガをしていたことを明かし、お笑いタレントの土田晃之(43)、永野(41)を驚かせる場面が見られた。

 この日のトークは『FNS27時間テレビ』の反省が主だったが、その中で太田が大暴れしたことが話題に。土田が「太田さん、自分でモニターチェックしてないですもんね」と、どのようにカメラに映っているのかを確認しないと指摘すると、さんまも「そうそう」と、これに同意。そして土田は「確認しないで動くから、モニタを飛び越えて向こうに倒れるときがあったけど、まったくオンエアされていなかった」と、カメラに映っていないところで太田が暴れていたことを明かした。

 この話についてさんまが「なのにかわいそうに、あのジャンプでケガしたらしい」と、太田がケガをしていたことを明かすと、土田は知らなかったようで「あれで!」と、驚きの表情を浮かべていた。永野は実際に放送の翌日、太田に会ってケガをしたところが「真っ黒」になっていたのを見た、と証言。知らないところで起きていた事件を知り、出演者たちは驚きを隠せないでいた。

「太田が自身のラジオで明かしていましたが、映らないカメラに突っ込んでいったのではなく、太田が突っ込もうとするとカメラが映すのをやめてしまう、というのが真相のようですね。やたら暴れるイメージの強い太田ですが、年齢も50過ぎ。もともと運動神経もそれほどよくはないんですが、つい興奮して無理しちゃうんでしょうね」

http://faoepwruoa.exblog.jp/
http://gameport.jp/user/12156/blog/5019/
http://blog.eigyo.co.jp/faoepwruoaer/

タモリ「ゆっくり食わせろ!」激怒事件を、森脇健児が明かす

7月28日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に、お笑いタレントの森脇健児(49)、元タレントで工藤兄弟工藤順一郎(44)、工藤光一郎(44)が出演。『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演していたときの、タモリ(70)とのエピソードを語り、次長課長河本準一(41)らを驚かせる場面が見られた。

 工藤兄弟は1992年から94年まで、『森田一義アワー 笑っていいとも!』に「いいとも青年隊」として出演。同時期に森脇も出演していた。光一郎はタモリについて「タモさんが怒ったの見たことないですから」と、その温厚な人柄を語っていたのだが、森脇が一度だけタモリを怒らせたエピソードを語り始めた。

 3人はよくタモリに食事へ連れていってもらっていたのだが、焼き肉店に行った際、その激怒事件は起きた。タモリを前に一応は気を遣っていた3人。しかし森脇いわく「体育会系」という3人は、肉を焼いて食べまくっていたという。一方でタモリはワインを楽しみながら、ゆっくり焼き肉を楽しみたかったため、その3人の姿にイライラし始めてしまったのだという。

 それにもかかわらず森脇が食べ続けていると、「最後に焼肉に火が移ってボッてなって、タモさんが“ゆっくり食べさせろ!”言うて、むちゃくちゃ怒った」のだという。温厚で知られるタモリが怒ったという話には河本も「相当ですよ!?」と、驚きを隠せないでいた。

「森脇が焼肉店でタモリを激怒させた事件は一部では知られていて、これが原因で森脇は干されてしまった、という噂があります。ただ、タモリは確かに食べ物に関してはものすごいこだわりますが、焼き方などで干すようなことはしないだろう、というのが大方の見方ですね。今回のタモリネタもそうですし、森脇は過去のエピソードが豊富にあるはず。そろそろテレ朝の『しくじり先生』に出演してほしいですね」(芸能誌記者)――他のしくじりネタも聞いてみたい!

http://gameport.jp/user/12146/blog/
http://i.anisen.tv/fhsofusdof/
http://blog.gurun.jp/fhsofusdof/

黒木メイサ、幕末の女剣士役で豊かな胸が揺れまくる剣術アクションに期待の声

バツグンのスタイルで知られる女優の黒木メイサが来年1月放送予定のドラマ「花嵐の剣士 ~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」(NHK BS)で女性剣士・中沢琴を演じることが明らかになった。

 中澤琴は幕末に活躍した女性剣士で、詳しい史料がほとんど残っていないため謎の多い人物だが、スラリとした長身の美形だとされている。男装して浪士組の兄と共に戦ったという説があり、その時は女性から慕われたという。もちろん女性としても大いにモテたとされている人物だ。

「そんな中澤のイメージに黒木メイサはぴったりですね。凛とした雰囲気の女性剣士を演じてくれるはずです」

 NHKの発表によると、ワイヤーアクションを使った激しい剣術アクションも見どころのひとつだとか。

「となれば、出産を経てサイズアップしたとされる彼女の豊かな胸がぶるんぶるんと激しく揺れるシーンが期待できますね。殺陣は剣を振るため、腕を上下左右に大きく動かします。それに合わせて胸も揺れるはず。ましてワイヤーアクションとなれば、飛んだり跳ねたりも相当でしょう。目が追いつかないぐらい揺れるかもしれません」

 あわや見ちゃう?、なんてシーンにも期待したい。

http://gameport.jp/user/12146/blog/
http://i.anisen.tv/fhsofusdof/
http://blog.gurun.jp/fhsofusdof/

観月ありさ、膝上ワンピで劣化が露呈?「体やアゴ周りに肉のたるみ」「顔が老けた」

芸能事務所・ライジングプロダクションが6月5日に千葉県で開催した「熊本地震復興支援ライブ」に、女優・観月ありさが参加した。観月といえば、小顔に身長170cmを誇るスタイルの持ち主だが、この日も膝上丈のワンピースで自慢の美脚を惜しげもなく披露。現在39歳の“アラフォー”でありながら、このようなファッションを身にまとえること自体が驚異的だが、同ライブで観月は歌手デビュー曲『伝説の少女』(1991年)を熱唱。当時14歳で歌っていた曲を歌い上げると、拍手を送る観客に向かって「39歳が14歳の歌をそのまま歌うのはキツい」と、自虐する場面も。

「でも、私が気になったのは歌よりも見た目です」

 そう語るのは、美容関係者のアラフォー女性・Aさん。

「確かに観月さんは世間一般の女性と比べれば、ずっとキレイだと思います。しかし、どんなにスタイルが良くても、同世代であんな膝上のスカートをはくのは正直ドン引きする。オシャレは似合っていれば良いという考え方もありますが、やはり歳相応のファッションの楽しみ方がある。無理をすると、かえって年齢が際立ってしまうこともあります。また、若々しい服を着ることで、かえって体や顔のアゴ回りの肉付きとたるみも若干目立ってしまっていました」

 実際、インターネット上にも「観月ありさって超美人だと思ってたけど、改めて見ると体型は若い頃とは違うね」「やっぱり顔は老けたな」といった書き込みが見られた。

 また、サロン経営者のアラフォー男性・Bさんは語る。

「何歳になっても美しい女性は大勢いますが、脚や膝には年齢が出やすい。美脚自慢の方でも、やはり若い子とは全然違いますよ。観月さんの場合も、やはり若い頃に比べると劣化が否めない状態が露呈してしまっていました」

●イメージに懸念

 さらに、女性芸能記者からは、次のような指摘も。

「観月は昨年3月、実業家・青山光司氏と結婚。この青山氏にはタレント・上原さくらとの結婚歴や泥沼離婚報道があったほか、見た目も“チャラチャラ系イケメン”ということで、結婚した観月のイメージにも影響が出ていた。さらに、観月は同年11月にインドネシア・バリ島で行った結婚式でも超ミニ丈のウエディングドレス姿を披露。脚を強調するようなポーズを決めた写真もブログにアップされましたが、ネットユーザーからは『痛い女』のレッテルを貼られていた。派手好きなのでしょうけど、そろそろ落ち着きを見せないと、今後はアンチが増加するかもしれませんね」

 自分の長所を生かすのは悪いことではないが、それが仇となって嫌われるようではもったいない。観月には、アラフォー女性が真似したくなるような美脚ファッションを模索し、発信してもらいたいものだ。

http://www.seniorcom.jp/blog/view/175988
http://uniquethis.com/blogs/7336/31532/-
http://www.freeml.com/bl/15219832/277807/